魂について

魂について

苦しみから生きる喜びへ

前回のブログで、「地球交響曲第九番」で感動したことをいろいろ書きましたが、コバケン(小林研一郎)さんが語っておられたことで、ものすごく印象的なことがありました。 それは、ベートーヴェンが難聴になったのは、”神様からの贈り物”だということ(記...
魂について

魂の視点と人間の視点の間で

今日は、東日本大震災から11年目の慰霊の日でしたね。 震災でお亡くなりになった方が1万5900人ということで、どれだけ大きな災害だったか。。。と改めて気づかされます。 私は大阪にいたので直接の被害はありませんでしたが、それでもやはり、津波や...
魂について

私たち全てに共通する喜びと悲しみ

施術をしていると、相手の方の奥深いところにある悲しみに触れることがあります。 それは、すごく個人的なものとして感じることもありますが、時には私たち皆に共通する、肉体を持って生きる哀しみのように感じることもあります。 例えば、大事な人を看取っ...
魂について

身体は魂を表現するツールだから…

オリンピック選手を見ていると、あまりの身体能力の高さに感動するとともに、身体を通した魂のすごい表現なんだなあ。。。と、つくづく感動します(*^^*) 身体って、魂の乗り物なので、実はスピリチュアルな意味でもすごく重要なんですね。 でも、私が...
魂について

人生の転換期で必要なのは…

ある程度の年数を生きてくると、何回か人生の分岐点に当たることがありますよね。 大きな分岐点で言うと、就職、転職、引越し、留学、結婚、離婚などでしょうか。小さな分岐点になると、もっとあるかもしれません。どこに旅行するか、何を学ぶか、どの先生か...
魂について

大変な時期こそ、魂は成長できる

私は心理セラピストの溝口あゆかさんを大変尊敬していまして、彼女のインテグレイティッド心理学講座をオンラインで受講しています。先日の講義の中では、「苦しいことは悪い事じゃない。苦しみに向き合っていること自体が、十分に人生を生きていることになっ...
魂について

家ごもりの時期は、静かに自分を見つめて

大阪府では、不要不急の外出の自粛要請が29日まで延長されました。 今でも”ステイホーム”というのでしょうか?  私は、”ステイホーム”よりも”家ごもり”という言葉の持つ響きの方が好きなので、そちらを使っています。 さて、ずっと会社に通勤して...